マルチタスクは悪い評判があります。 一度に複数のことをこなす能力は、脳力の素晴らしい使い方のように思えますが、生産性や記憶力、そして精神的なエネルギーの蓄えに悪い影響を与えることを示唆する証拠があります。

Wikipedia では「見かけ上の人間の能力」とさえ呼ばれています。なぜなら、マルチタスクは実際には存在せず、単に多数のタスクを同時に実行しているという誤った思い込みであり、実際には非効率で不注意な方法で一度に 1 つのタスクに切り替えているのだと、多くの人が主張しているからです。

「マルチタスクは、しばしば認識の問題であり、錯覚と考えることもできます」と、ミシガン大学の消費者行動研究者シャレーナ・スルナ氏は説明します。

しかし、マルチタスクは想像の産物かもしれませんが、スルナ氏と仲間の研究者による新しい研究では、錯覚の効果はかなり本物であり、認知タスクのパフォーマンスを高めることさえできることを示唆しています(その時にマルチタスクであると確信している限りにおいて)。 マルチタスクがタスクのパフォーマンスを低下させることはすでに分かっていますが、マルチタスクをしているという認識についてはどうでしょうか。 誰かが話しているときにメモを取っている場合、それは単一の活動なのか、それともマルチタスクの例なのか(積極的に聞きながら同時に書き写している)?

「既存の研究は、個人の努力と認知制御を投入する動機が、タスクの難しさと同時に、タスクの難しさに対する期待とともに高まることを示しています」論文中で著者らは説明しています。

「実際、より困難なタスクは個人の注意を高め、最終的にパフォーマンスの向上につながるという考え方を支持する結果がいくつかあります」

その上で、人が何かをするときにマルチタスクをしていると思っていれば、(知覚された)複数のタスクをこなす難しさを認知的に補償して、実際に良い結果を得られる可能性があります。

対照的に、同じ活動を単純な単一のタスクと見なす他の人は、より少ない努力、注意、認知資源を費やし、そうすることで他のタスクが同一であっても、よりうまくいかないかもしれません。

この仮説を検証するために、研究者たちは、合計8000人以上の参加者を対象に、同じタスクを行うよう求められたが、それが単一タスクか複数タスクかについて微妙に異なる指示を与えられた、数十の試験を実施したのです。

ある試験では、参加者は教育ビデオを視聴して書き写しました。グループの半分は単一のタスクであると指示され、残りの半分は2つのタスク(学習と書き写し)についてテストされていると告げられました。

同様の実験で、参加者はオンライン講義中にノートを取らなければなりませんでしたが、これもシングルタスクに相当するかマルチタスク(この言葉は使われませんでしたが)に相当するかについて、異なる指示が与えられました。

さまざまな実験を通して、自分がマルチタスクであると信じていた人は、より速く、より正確に書き写し、より質の高いノートを取り、理解度クイズでより良いスコアを出すことができた、という結果が一般に示されました。

実験の1つは、アイトラッキング技術を使って、タスクに取り組んでいる間の参加者の瞳孔の拡張を監視しながら、同じ種類のテストを実施しました。

この技術の精度には限界がありますが(これは研究者も認めています)、予想通り、研究チームは、マルチタスクのグループはシングルタスクのグループよりも大きな平均瞳孔拡張を示し、彼らが集中し続けるために、より精神力を発揮していたことを示唆することを発見しました。

この発見は、マルチタスクがシングルタスクより優れているということを意味するものではありませんが、すでに何十年もの研究がそうではないことを示しています。

しかし、マルチタスクが、少なくとも私たちの心の中のモチベーションを高める概念として、私たちが認識しているような唯一の制限要因ではないことを示唆しているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です