どう見てもバジリスクは蛇として認識されています。 スリザリンの怪物であり、スリザリンの家のシンボルは蛇である。 ハリーは蛇の言語であるパーセルタングで話すことができます。 しかし、映画「ハリー・ポッターと秘密の部屋」に登場するバジリスクのデザインは、実は蛇というよりも足のないトカゲによく似ています。 そう、脚のないトカゲは実在する動物なのだ。 いくつかの重要な違いを除いては、ヘビに非常によく似ていますが、それらはすべてバジリスクが示しています。 まぶたが見える

蛇にはまぶたがないというのは単純な事実である。 ヘビの目を見ると、まぶたを構成するのに役立つ皮膚のひだに囲まれていないので、ほとんど膨らんでいるように見えます。 しかし、バシリスクを見ると、まぶたがはっきり見えるので、トカゲのように自由に目を閉じたり開いたりすることができるのです。 個人的には、目を閉じることができないバシリスクのほうが、完全に失明させる以外に、その死の視線を消すことができないので、かえって恐ろしいと思う。

2. 固い一枚の下顎

蛇が獲物をつかみ、飲み込むときに、よく顎が外れるように見えるが、それは事実とは異なっている。 実はヘビの顎は、大あごという2つの骨で構成されています。 この大あごは、人間と違って融合しているわけではありません。 その代わり、2つの骨はそれぞれ独立して動くことができるので、ヘビはあのように割合大きな獲物を食べることができるのです。 しかし、脚のないトカゲは下顎が強固な一本で構成されているため、機動性に乏しく、そのため小さな獲物を狙うことがほとんどである。 ハリー・ポッターでバシリスクが人間を狙うのはそのためかもしれない。

3 鱗

蛇を撫でたことがある人は、蛇の鱗が滑らかで、体に対して平らになっていることを知っている。 それに対して、トカゲはもっとビーズや小石のような肌をしています。 バシリスクの鱗を見ると、その皮膚は滑らかではなく、ざらざら、でこぼこしていることがよくわかる。 下腹部に滑らかな鱗があるが、これもトカゲでは珍しくない。

4. 耳穴

Parseltongue はとてもクールなコンセプトだが、理論的には決してうまくいかないだろう。 ヘビは耳が悪いのです。 彼らは聴覚の欠如を補うために振動を使い、入ってくる生物を感知することができるのです。 私は、魔法言語であるパーセルタングを認めてもいいと思います。 しかし、映画の中のバジリスクは蛇にはない耳穴が見える。

5.Head Shape

バシリスクの頭を調べたとき、二つのことが目につきました。 1つはその鼻孔で、蛇の鼻孔はあまり目立たない傾向があり、通常、頭の両側にあります。 しかし、バシリスクの鼻孔はもっと前方に向いていて、鼻の形はもっとトカゲに似ている。 次に注目したのは、その角である。 一般的に、ほとんどのヘビには角がなく、角がある種は後頭部ではなく目の真上に突き出ています。

6. 分岐した舌がない

まず最初に、映画ではバシリスクの舌はほとんど見られないことを認めます。 蛇は舌を使って空気の匂いを嗅ぎ分け、獲物を見つけるので、バジリスクは蛇であれば間違いなくそうしていたでしょう–特に、失明して他の感覚に頼っていた後はそうしていたでしょう。 しかし、口が開いている写真を見ると、どうやら舌はないようだ。 ヘビには必ず舌がありますが、トカゲにはありません。

7. 歯

それを否定するつもりはないです。 バジリスクの歯は、映画では本当にかっこよく、そして怖く見えました。 ハリーが腕から巨大な牙を突き出したとき、間違いなくドラマチックな映像になりました。 しかし、実際にはあのような歯を持つ蛇はいません。 ヘビの歯は、もっと細くて針のような形をしていることが多いのです。 さらに、バジリスクは上下の歯が口いっぱいに並んでいます。 ヘビはそんなに歯がないんです。 下段の歯がないものもあるし、メインの2本の牙以外のほとんどの歯はそれほど目立っていない。 だから、バジリスクは恐ろしい爬虫類の怪物ではあるが、実はヘビではないのである。 少なくとも映画版ではそうなっていない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です