John Harrisonはウェイクフィールド近くのノステル修道院領内の村ファウルビーで生まれた。 父の後を継いで大工の仕事に就き、10代で時計作りに興味を持つようになった。

John Harrison

The Longitude Prize

航海の誤りによる船の難破はよくあることで、1714年の経度法では経度委員会と呼ばれる委員会を設置、問題を解決できた者には最高2万ポンドの報酬を与えるというものでした。

ハリソンは自分ならできると確信し、賞金を手にする機会が彼を突き動かした。

求められる精度

ハリソンは一般に認められた計時原理を使う代わりに、独自の方法を考案し、1ヶ月1秒以内の精度を持つ時計を2つ設計している。 優れた時計を作るには数学的能力が不可欠だと考える人が多かったが、多くの成功した発明家と同様、ハリソンも全く異なる視点から問題をとらえ、新しいアイデアを持ち込んだのだ。 さらに、船の揺れによって計器が動かなくなることもあった。

Marine Chronometer

1735年、彼は最初の実用的なマリンクロノメーターを完成させました。 クロノメーターを使って、船が出港する場所などの既知の場所から正確な時間を刻み、船がある場所の時刻と比較することで、正確な測位を可能にしたのです。 主に真鍮で作られたこのクロノメーターは、重さが70ポンド以上ありました。

John Harrison’s Chronometer

Harrison’s Obsession

経度委員会はハリソンに小型時計の制作を依頼し、いくらかの資金が送られました。 ハリソンはこの仕事に執念を燃やしていた。 彼は決して満足することなく、常に自分のやったことの欠点を見つけていた。 時間とお金をかけて何種類ものクロノメーターを製作し、家族に多大な負担をかけました。 最終的には、1773年に彼の仕事に対して8,750ポンドが支払われることが決まりました。 ハリソンはその後まもなく1776年に亡くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です