ゲートウェイ・プログラムについて

ゲートウェイ・プログラムは、北東回廊(NEC)に沿ってニュージャージー州ニューアークとニューヨークのペンステーション(PSNY)の間で重要な鉄道インフラプロジェクトを実現するものです。 NEC は米国で最も利用者の多い旅客鉄道路線であり、1 日あたり 2,000 本の列車が 8 州およびワシントン D.C. を通過し、1 日に約 80 万回の旅客輸送を行っています。

この路線は米国の人口の 17%、フォーチュン 500 企業の本社 97 社がある地域、および国の GDP の 20% に寄与している地域にサービスを提供しています。 NEC は地域の重要な動脈であり、全国交通網の重要な要素であり、何百万人もの人々を良い仕事に結び付け、この地域と国の他の地域をつなぎます。

Gateway Program は NEC の 10 マイルのセグメントに焦点を当て、多くの場合、100 年以上前の鉄道インフラ資産を交換および更新し、軌道、トンネル、橋、駅の能力を向上するプロジェクト プログラムを含みます。 ゲートウェイ・プログラムの第一段階は、ハドソン川の下の新しいトンネルの建設、既存のトンネルの修復、PSNY への将来のトンネル用地を確保するためのマンハッタン西側でのコンクリートケーシングの完成、およびポータル橋の交換を含んでいます。

ゲートウェイ・プログラムの後期には、ニューアーク・ペン駅とセコーカスジャンクション間にあるNECのSawtooth橋の架け替え、マンハッタンのPSNYの拡張、ニュージャージーのセコーカスジャンクション駅の拡張・変更とループ線(「バーゲン/セコーカスループ」)追加、Portal南橋の建設、その他を含み、ニューアーク・ペン駅からPSNYまでの4線式の近代的鉄道を完成させる予定である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です