目的を持ったパートナーシップ

1970年に設立されたハーバード・MITヘルスサイエンス&テクノロジー・プログラム(HST)は、トランスレーショナル医療科学とエンジニアリングに焦点を当てた世界で最も古い学際的教育プログラムの1つです。

このプログラムは、MIT、ハーバード大学、および地元の教育病院による機関間の協力体制で、学術的卓越性、科学的厳密性、および臨床的専門性を育成することに尽力しています。 HSTの学生は、予防、診断、治療のイノベーションを開発するために、学部や分野を超えて集められたMITやハーバード大学の教授と協力して、トランスレーショナル・リサーチ・プロジェクトに取り組んでいます。

このプログラムの卒業生は、HIV/エイズを治療できる病気に変えた薬剤レジメン、脳の動きを観察する最初の非侵襲的技術などの、無数の革新的イノベーションに貢献しています。 MITでは、このプログラムは医工学科研究所(IMES)の一部であり、IMESの教育イニシアティブの先陣を切っている。

私たちのユニークな教育プログラムについてもっと知りたいですか? バイタルページをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です