公式翻訳とは、例えば証明書や当局による命令、その他当局に提出する文書などを法的に有効に翻訳することです。 宣誓した翻訳者によって作成された翻訳は、常に元の文書と同等です。 公式な翻訳には通常スタンプが押され、宣誓した翻訳者による証明書や声明が添付されることがよくあります。

公式な翻訳が必要ですか? 見積もり依頼!

公式翻訳の目的

このような文書には多くの用途があります。 他国や他の教育システムで履修した学位や学歴の証明として、他国での結婚や離婚を求める際の非障害証明として、国際企業の買収や会社登記に関する事項として、他言語を必要とする当事者との契約書作成や刑事または民事訴訟手続きに使用することが可能です。

このように、翻訳されたドキュメントは、複数の言語や国が関わる問題において、ある資格や権利、合法性を証明する機能を果たします。

法的に有効な翻訳

法的に有効な翻訳は、認証翻訳に関する法的側面を熟知した宣誓翻訳者によってのみ提供することが可能です。

リンゴでは、お客様に翻訳の目的と目的地をお伺いし、正式な翻訳と場合によってはアポスティーユが必要かどうかを判断しています。

Stamp and certification of an official translation

翻訳が終わると、宣誓翻訳者は完成した文書にスタンプを押し、声明と署名で翻訳を証明します。 フィンランドではスタンプは必須ではありませんが、他のいくつかの国の当局では、翻訳を公式文書として処理するためにスタンプを要求します。

宣誓した翻訳者の翻訳は、そのまま受け入れられることがよくあります。

Apostille

多くの領事館では、宣誓翻訳者の翻訳にアポスティーユを添付することを勧めています。 アポスティーユは市の行政裁判所から取得され、通常、その国の公用語で提供され、翻訳されることはありません。 また、翻訳の目的と目的国をお知らせください。

弊社では、通常フィンランド語を原語または訳語とする言語の組み合わせで公式翻訳を提供しています。

他の言語の宣誓翻訳者も探しています。

宣誓翻訳に関する詳細情報は、フィンランド国立教育委員会のウェブサイトから入手できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です