まず、良い知らせです。 歯のホワイトニングの施術前に考えなければならないことは、それほど多くありません。 このような場合は、「歯ブラシで歯を磨く」ことをお勧めします。 また、このような場合にも、「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」……………………………. これらは含まれています。

  • 歯を白くするトレー
  • ジェル
  • ライト
  • ペン
  • オフィスでの処置
  • 歯科医の持ち帰りキット

これらはそれぞれ少し違った方法で作用します。 しかし、共通しているのは、治療直後は歯が着色しやすくなっていることです。 そのため、次の24時間は食事に気をつけなければなりません。 どのオプションを選んでも、誘惑を避けるために、寝る直前に歯を白くするのがベストです。

ホワイトニング後に歯が着色する食べ物や習慣

何よりもまず、タバコを吸う人は完全にやめることを検討してください。 このような場合、「痒いところに手が届く」状態であることが重要です。 このような場合、「痒いところに手が届く」ような感覚を味わうことができます。 このような場合、「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」。 赤や青のジェルはNG。 また、色つきのマウスウォッシュも避けましょう。

想像できるように、お茶、赤ワイン、コーヒーはNGです。 色のついたフルーツジュースやアルコール飲料もそうです。 醤油、チョコレート、ほとんどすべての果物(バナナはOK)、トマトベースのソースなども避けた方がよいでしょう。 すべてを網羅するのは不可能なので、経験則から言うと、

*** 白いシャツを汚してしまうようなものは、食べたり飲んだりしないようにしましょう。 ***

非常に油分の多い食品は常に避けるべきです。 油分は必ずしも着色されているわけではありませんが、それでも歯に着色することがあります。

最後に、熱い食べ物や冷たい飲み物には十分注意してください。 これらは必ずしもあなたの歯を汚すことはありませんが、彼らは1日か2日のために敏感である可能性があります。

歯のホワイトニング施術後に食べるべき食べ物

歯のホワイトニング後は「白い食事」をお勧めします。 そう、ちょっと味気なくて退屈になりそうですが、1日だけだと覚えておいてください。

色鮮やかでないシリアル、ホワイトソースでコーティングされたパスタやプレーンなもの、白ワイン(ロゼではない)、透明なソーダ、プレーンチキン、ポテト、焼き魚またはポーチドホワイトフィッシュを自由に摂取することができます。

ホワイトニング後のアフターケアとして、ここに食べてもよい食品のリストが掲載されています。 事前にストックしておくことも検討してみてください。

歯を白くした後に食べられる食品

  • 白米
  • 白いパスタ(染色や有色野菜を使用していないもの)
  • 白い玉ねぎ
  • 白いチーズ 鶏肉
  • 卵白
  • 白いパン(皮なし)
  • ライスクリスピー
  • カリフラワー
  • 皮をむいたジャガイモ
  • 低脂肪または無脂肪食品 白いヨーグルト(底に色のついたものや果物は避ける)
  • 白い魚

歯の漂白後に飲める飲み物

  • レモネード(ピンクや他の果物入りは避ける)
  • スパークリングウォーター
  • スティルウォーター
  • スキムミルク(全乳、2%は避ける)
  • 透明アルコールとミキサーで作ったカクテル
  • ココナッツウォーター(ココナッツミルクは避ける)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です