1. 費用は、次の場合に認識される。 A) 収益の生産に貢献したとき。 B) 支払われる。 C) 仕入先から請求があった。 D) 請求書を受け取った。 2. 2. 費用認識の原則は一致する。 A) 顧客と事業 B) 費用と収益 C) 資産と負債 D) 債権者と事業者 3. ある花屋が 11 月 30 日に 1,000 ドルの大口販売を行った。 顧客には12月5日に明細書が送付され、12月10日に小切手が送られてくる。 花屋はGAAPに従い、収益認識原則を適用しています。 1,000ドルはいつ認識されると考えられますか。 A) 12月5日 B) 12月10日 C) 11月30日 D) 12月1日 4. 収益認識の適用でないものはどれですか? A) 会計期間の最終日に調整項目として収益を計上する。 B) 既存の顧客から、今後3ヶ月間に行われるサービスに対して現金を受け取る。 C) 6月中に完了したサービスに対して、6月30日に顧客に請求する。 D) サービス提供の対価として現金を受け取る<1405>。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です