以下のセクションでは、足の甲のこぶの考えられる原因について詳しく説明します。

ガングリオン嚢腫

ガングリオン嚢腫は無害で、手や足などの関節や腱付近によくできる液体充填性のこぶです。

多くの場合、症状は顕著なしこりだけです。 しかし、ガングリオン嚢胞は、関節を押すと痛みを感じたり、神経を押すと灼熱感やピリピリ感を感じることもあります。

医師は身体検査を行うことにより、ガングリオン嚢胞を診断することができます。

多くの場合、ガングリオン嚢胞は治療の必要がありません。 しかし、特に大きい場合や、痛みがある場合、動きを妨げる場合などは、液体を抜いたり、切除手術を提案することもあります。

骨棘

骨棘(こつきょく)とは、損傷した関節の近くにできる小さな骨の増殖のことです。 時には、足の甲に現れ、皮膚を通して見えるようになることもあります。

骨棘の一般的な原因は、変形性関節症です。

足に骨棘がある人は、次のことに気づくかもしれません:

  • 靴を履くときの不快感や痛み
  • 動きの制限
  • 患部の周りのカルスや水疱

医者はX線を実施することによって骨棘の診断が可能です。

アセトアミノフェン(タイレノール)などの市販の痛み止めを服用すると、骨棘のために生じる痛みや不快感を和らげることができるかもしれません。 また、関節炎が原因の場合は、関節の痛みやこわばりを軽減させることができます。 また、小指の付け根に、より小さな外反母趾ができることもあります。

この症状は高齢の女性に最もよく見られますが、若い女性や男性にも起こります。

症状としては、以下のようなものがあります。

  • 足にこぶができる
  • 足の指がずれて、他の指のほうに傾く
  • 痛みや腫れ
  • 歩きにくい
  • 履くと違和感がある
  • 外反母趾の周囲に胼胝ができる
  • 時間が経つにつれて徐々に悪化する

医師は、身体検査やX-線検査を行うことによって、外反母趾を診断することができます。線。

非外科的治療としては、

  • 緩めの靴を履く
  • 腫れている部分を冷やす
  • 外反母趾のパッド
  • 睡眠中にトゥースプリント
  • OTC痛み止め

また手術を受けると進行が逆行することもあるようです。 しかし、場合によっては、外反母趾が再発することがあります。

滑液包炎

滑液包は、関節の骨の間にある、液体で満たされた袋です。 それらは骨が反対方向に動くことを可能にする。 これらの嚢の1つが炎症を起こすと、それは滑液包炎と呼ばれます。

アキレス腱とかかとの骨の間に位置し、足に1つの滑液包があります。

足の滑液包炎を持つ人は、以下を経験するかもしれません:

  • 痛み、特に歩行またはランニング時
  • つま先で立ったときに強い痛み
  • 暖かい、フラッシュ皮膚

滑液包炎の治療法は以下のとおりです。

  • ゆったりとした靴を履く
  • パッドの入った靴下や装具を着用する
  • 非ステロイド性抗炎症薬を服用する。炎症抑制剤(NSAIDs)
  • 理学療法を受ける
  • コーチゾン注射をする
  • 排水する

アキレス腱が過度にこすれ、緊張することにより滑液包炎になる場合があります。

痛風

痛風は、尿酸の蓄積によって引き起こされる関節炎の一種です。 痛風は突然の激痛を引き起こし、多くは外反母趾に起こります。 この症状は通常、一度に1つの関節に影響を及ぼします。

症状としては、

  • 焼けるような痛み
  • 硬直
  • 腫れ
  • 潮紅
  • 圧痛と熱感

以下の人は痛風になりやすいとされています。

  • 男性
  • 肥満
  • 飲酒
  • プリン体や果糖の多い食事
  • 糖尿病、代謝症候群、心臓病、腎機能不良

医師は身体検査、レントゲン、臨床検査を行って痛風を診断することができます。

人は、以下の方法で痛風の発作を管理し、軽減することができます。

  • 一般用医薬品の服用
  • 適度な体重にする
  • アルコールを減らす
  • プリン体の少ない食事をする
  • 関節を保護する
  • 他の健康状態を管理する

脂肪腫

脂肪腫は皮膚の下でできる非がん性の脂肪組織の増殖であり、その発生は、皮膚に直接、あるいは間接的に起こります。

脂肪腫は一般的に、

  • 柔らかく、ゴム状
  • 無痛
  • 押すと動く

足に脂肪腫ができる場合、通常は足の底に発生します。 しかし、脂肪腫は体のどこにでも発生する可能性があります。

脂肪腫は、それらが大きくなる場合を除き、通常は治療を必要としません。 これが起こる場合、外科医はlipoma.

を削除することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です