私は本当に3-4ディフェンスでプレーするのが好きです。 そのため、このような弊順の弊順は、弊順の弊順の嶄で弊順の嶄で弊順の嶄で弊順の嶄で弊順の嶄で弊順の嶄で弊順の嶄で弊順の嶄で弊順の嶄で弊順の嶄で弊順の嶄で弊順の吭龍を吭龍するものです。 4-3とは異なり、4人目のラッシャーはLBの誰でもいいということを除けば、ほとんどのプレーで少なくとも4人のラッシュがある、ということです。
少なくとも数年前のゲームでは、パスラッシュがとても効果的でなかったので、8人をカバレッジに落とすことができたのに、なぜ別のDLラッシャーを無駄にするのかと考えたのですが、私はそれが好きでした。 今年はパスラッシュがもう少し効果的なので、私は意図したとおりに3-4をプレーし、少なくとも1枚、いやそれ以上のブリッツを試合のほとんどで使っています。
3-4 オーバー
実際のオーバーディフェンスでは、LBがストロング(ティー)側にシフトし、DLがウィーク側にシフトしています。 4-3のように見えますが、サム・オルボはLOSに近いところでヘッドアップするか、TEの外側でヘッドアップします。 オーバーディフェンスはオフェンスとバランスを取ろうとし、通常はストロングサイドのブリッツやパスラッシュを用意します。 なぜ実生活でと言うかというと、ゲームでは通常、オーバーはロブ(オフェンスの右)をロス側に、アンダーはロブ(オフェンスの左)をロス側に配置するからです。
3-4 under
under defenseは通常LBをweak side(teから離れる)に、Dラインをstrong sideにシフトさせる。 このディフェンスは通常weak side blitzesに適しており、またteの上にdeを並べるので、teのブロックが厳しくなることがあります。 これもゲームでは表現できないので、ディフェンスをコールするときは、このプレーを素早く反転させることにしています。 例えば、ウィークサイドのラッシュを狙うために3-4アンダーをコールしたのに、オフェンスがティーをオフェンスの左側に置いてきたら、すぐにプレーを反転させて、私が望んでいた3-4アンダーで揃えるようにします。 そのため、このような弊順嶄で恷も嶷勣な弊順嶄で恷も嶷勣な弊順嶄で恷も嶷勣な弊順嶄で嶷勣な弊順嶄で嶷勣な弊順嶄で嶷勣な弊順嶄で嶷勣な弊順嶄で嶷勣な弊順嶄で嶷勣な弊順嶄で嶷勣な弊順嶄で嶷勣な弊順嶄で嶷要な徭喇噐匯繁匯繁? このようなことは、ゲームではどう表現されているかわかりませんが、
3-4 solid
おそらく私のお気に入りのアライメントです。 このディフェンスは、すべてのDラインマンを内側に押し込んでG/C/Gをカバーし、内側の2人のLBはタックルの上に移動させます。 3人のDラインマンがインサイドのランを処理し、LBがランのためにどちらかに流れるようにするというものです。 これはバランスのとれたディフェンスで、両サイドからのブリッツが可能です。 オールはロスの上にいて、その位置から通常パスラッシャーになります。 もし私が4-3をやりたかったらそうするでしょうから、おそらく一番好きではありません。
長文失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です