マーケティングモデルといえば、4Pマーケティングモデルが最も伝統的でビジネス向けのもので、皆さんが最もよく知っているモデルでしょう。 4Pとは、製品(product)、価格(price)、プロモーション(promotion)、販売場所(place)を表しています。 より顧客志向のモデルとしては、4Cマーケティングモデルがあります。 4Cマーケティングモデルは、1990年にボブ・ラウターボーンが『Advertising Age』に掲載した記事で初めて提唱したものです。 彼は、それが有効な代替案となりうると考えたのです。 以下は、Consumer、Cost、Convenience、Communicationからなる4Cマーケティングモデルの簡単な内訳である。 ここから先は、消費者がすべてのマーケティング活動を推進する必要があります。 ターゲット層についての知識があれば、市場のニーズを満たす製品を簡単に作ることができます。 そこで登場するのが、バイヤーペルソナです。 バイヤーペルソナは、あなたの理想の顧客を表すものであり、彼らを理解することで、ターゲットオーディエンスをよりよく理解することができます。 その結果、消費者とのコミュニケーションが円滑になり、消費者にも「自分のことを理解してくれている」と感じてもらえるようになり、売上向上につながります。 もちろん、製品はどのマーケティングモデルでも重要な焦点ですが、常に消費者の価値を忘れないようにしましょう。

コスト

4Cマーケティングモデルにおいて、コストは購入者の視点からコストの考慮事項を評価するものです。 コストを決定するには、顧客が何を支払うことができ、喜んでいるのかについて詳細な調査を行うことが含まれます。 さらに、競合製品のコストについても調査してください。 この調査は、顧客が喜んで支払うコストで製品を販売することが有益であるか否かを判断するのに役立ちます。 また、製品を購入する際に、表示価格以外にかかる追加コストも考慮する必要があります。 例えば、税金や送料、交通費などです。

覚えておいていただきたいのは、製品の価格帯が必ずしも消費者に製品を購入するよう説得するものではないということです。 価格帯が低ければ必ず売れるというわけではありません。 最終的には、そのコストを支えるのは製品のメリットです。

Explorer More Marketing Models: このような状況下、「Steelcase」は、「Steelcase」ブランドと「Steelcase」ブランドを融合させることで、「Steelcase」ブランドの価値を向上させ、「Steelcase」ブランドと「Steelcase」ブランドを融合させることで、「Steelcase」ブランドと「Steelcase」ブランドを融合させ、「Steelcase」ブランドと「Steelcase」ブランドを融合させることに成功しました。 ブランドと製品への信頼を築くために、ターゲットとなる顧客と関わる方法を見つけたいものです。 このような場合、「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」。 お客さまが抱えている問題やニーズ、課題を把握するために、適切な情報を提供することに注力すべきです。 そうすることで、自社製品をソリューションとして位置づけることができます。 そのためには、お客さまに質問をして、その言葉に耳を傾けることが必要です。 3581>

製品の販売促進は、自分が言いたいことを言い、顧客がそれを買ってくれることを願うことです。 コミュニケーションとは、顧客に対する理解を深め、ブランドに対する信頼を築くことです。 これを行うための最良の方法の一つは、ソーシャルメディアを通じてです。

利便性

利便性は、顧客があなたの製品を購入することがいかに簡単であるかに焦点を当てています。 そのため、このような「痒いところに手が届く」ような商品開発が必要です。 例えば、貧弱なユーザーインターフェイスが、潜在顧客があなたのEコマースサイトを利用することを妨げているのかもしれません。

今日の世界では、消費者はかつてないほど大きな力を持っています。 そのため、より顧客志向のアプローチをとることで、マーケティング活動をより成功させることができます。 4Cマーケティングモデルを使えば、あなたが提供するものに実際に興味を持っている顧客をターゲットにして、より成功することができます。 そのようなアプローチが、顧客との長期的な関係構築に役立つことは言うまでもありません。

スティーブンス&テイトの他の記事はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です