初めて鳥を飼う人は、どんな果物を羽のある友達にあげればいいのか、非常に戸惑うかもしれませんね。 しかし、1羽だけでなく3羽のインコを飼育してきた経験から、インコにとってオレンジは良いものなのかどうか、はっきりと言えるようになったのです。 はい、インコにとって安全な果物なので、インコはみかんを食べることができます。 ただし、オレンジは酸性の強い果物なので、インコに与える量は控えめにしなければなりません。 969>

私はもともと鳥が好きなのですが、ペットにするとなると話は別で、与えるものには細心の注意が必要です。 そのため、鳥に与えるものには細心の注意が必要です。オレンジは安全で、羽の生えた友達に与える量を抑える限り、インコに与える果物としては良い選択です。

どのように、どのような量でオレンジはあなたのオウムに与えられるべきであるか、彼らは安全かつ優れた果物の選択であることを証明する方法について詳細に知るために、読み続ける。

クイックナビ

あなたのインコのオレンジを与えることへの詳しい洞察

鳥類の大部分は果物を食べることを愛しているとインコは確かにそれらの一つである。 インコはまた、途方もなく社会的な食べる人であり、彼らの人間の仲間と食事を共有するのが好きです。 しかし、人間が食べられるもの、好きなものがすべてインコの健康に良いとは限りません。

そして特に果物に関しては、その毒性、健康への悪影響から、インコには絶対に与えてはいけない果物があります。 (例えば、ぶどうは注意が必要です。 その理由は、こちらのブドウの記事で説明しています)

しかし、インコが食べても安全なだけでなく、インコの食事に頻繁に取り入れることが推奨されている果物もあります。

オレンジは確かにそのようなインコの安全で健康に良い果物だと思います。

ただし、生のスライスオレンジを与えるにしても、ドライオレンジやオレンジジュースを与えるにしても、いくつかの注意点があります。

オレンジの栄養価

オレンジはビタミンC、ビタミンB、ビタミンAが非常に豊富とされており、食物繊維、カリウムも豊富に含まれています。 適量を与えれば、オレンジはインコの食事に健康的でおいしい補助食品となります。

おいしくてジューシーなおやつとして与えることもできます。 オレンジに含まれるビタミンCは、消化を促進しながら、インコの免疫力を高めるのに役立ちます。

また、オレンジなどの果物には糖分が多く含まれているので、インコに与える量を制限することも大切です。

インコにオレンジの皮は避けるべきか与えるべきか

オレンジの皮も中の部分と一緒にご馳走することを好むインコもいますが、皮を食べることを避けているインコもいます。 しかし、皮には農薬の成分が含まれていることが多いので、皮を剥いてから与えた方が良いでしょう。

自宅の庭で栽培し、摘み取ったばかりのオレンジをインコに与えるのであれば、問題ありません。 しかし、そうでない場合は、オレンジの皮に塗装を施したり、農薬を大量に散布したり、時にはワックスをかけたりすることもあります。

したがって、そうした有害な要素が小さなペットの体に入らないように、皮は取り除いた方がいいのです。 さらに、栄養素の大部分は皮の下に存在し、皮には存在しない。

オレンジの皮は果物の残りの部分とは異なる栄養組成を持っているかもしれませんが、それはあなたのインコの皮のオレンジを与えることは避けてsafeeです。

人々はまた、バナナの皮はインコに良いかどうかよく質問します。 この記事ではその質問にお答えします!

インコにオレンジを与える方法

オレンジはビタミンCとしても知られているアスコルビン酸を多く含んでいます。そしてインコに酸性の果物を与えすぎると、健康上の脅威となることがあります。 したがって、適度な量のオレンジを与えることは、あなたのオウムの健康的な食事でこの特定の酸性果実を利用するための鍵であることを覚えておいてください:

  • それはあなたのオウムの唯一のスライスオレンジを定期的に与え、他に何も示唆されていない。 毎日の健康的な食事と一緒に、時々おやつとしてオレンジのスライスを与えてください。 インコには少量のオレンジを与える
  • インコにオレンジジュースを与える場合、生のままや直接与えないように注意しましょう。 そうではなく、まず、オレンジジュースを水でできるだけ薄めてから与えましょう。 パックされたオレンジジュースを与えるのではなく、自家製のものを与えるのがよいでしょう。 なぜなら、パック入りのオレンジジュースに含まれる保存料が、鳥の友達の健康を阻害する可能性があるからです。 市販のオレンジジュースには、人工的な味や色が含まれていることが多く、これもインコには厳禁です
  • インコにドライフルーツとしてオレンジを与える場合は、硫酸塩や硫化物を含まないことを確認します
  • インコにオレンジを与えるときは、カビや腐った部分があれば忘れずに廃棄してください。 丸ごと(皮ごと)与える場合は、汚れや農薬が付着している場合はよく洗いましょう

オレンジの適量、与え方、タイミングがわからない場合、健康状態に問題がある場合は、すぐにお近くの鳥獣医師に相談してください。 どんな果物でも、やりすぎは決してお勧めできません。

オレンジを食べてインコの尿量に変化

おいしい果物オレンジの87%近くが水分であることをご存知でしょうか? そう、オレンジは最も水分の多い果物の一つなのです。 そして、オレンジのような水分の多い果物を食べると、インコの尿の変化がよく起こります。

インコがオレンジを食べると、尿量の増加や糞の柔らかさ、尿の色の変化がよく見られます。しかし、オレンジのような水分の多い果物を食べたインコにはこの状態が自然なので、それを警戒したり下痢と考える必要はないでしょう。

関連する質問

インコにとって安全な果物は何ですか? 果物は様々な健康効果があるため、インコにとって必要なものです。 インコにとって全く安全で健康的な果物は、リンゴ、アプリコット、ナシ、ミカン、パイナップル、パパイヤ、ザクロ、グレープフルーツ、キウイ、スイカ、オレンジ、チェリー、マンゴー、バナナ、桃、クランベリー、イチゴなどです

インコは野菜を食べていいでしょうか? インコには、適切な野菜を与えることが大切です。 インコにとって安全な野菜は、ブロッコリー、ほうれん草、豆類、トマト、カリフラワー、にんじん、セロリ、大根、ピーマン、などです。 ただし、調理したサツマイモやレタスなど、毎日ではなく週に2~3回与えるべき野菜もあります。

インコにとって禁忌の食材とは? インコは人間の友達が食べているものを分けてもらうのが好きですが、絶対に与えてはいけない食べ物があります。 チョコレート、牛乳、香辛料、揚げ物、肉類、人工着色料や人工香料を使った食品、アルコール、清涼飲料水、コーヒー、砂糖、塩など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です