Maria Teresaは、ミラバル姉妹の末っ子で、1936年10月15日に生まれました。 姉たちが卒業した後、無原罪の聖母学院に通いました。 1954年、リセオ・デ・サン・フランシスコ・デ・マコリスで数学を専攻し、その後サント・ドミンゴ大学で数学の勉強を続ける。 1958年2月14日、エンジニアのレアンドロ・グスマンと結婚し、1959年2月17日、娘のジャクリーヌが誕生した。 マリア・テレサはミネルバを敬愛し、姉の政治活動に参加するようになる。 1960年1月20日、彼女はサルセドの軍事基地で逮捕されましたが、同日釈放されました。 2日後の1月22日、ミネルバは逮捕され、悪名高い拷問刑務所であるラ・クアレンタに連行され、その後ラ・ビクトリアへ移送された。 1960年2月7日に釈放されたが、3月18日、マリア・テレサとミネルバは再び逮捕され、ラ・クアレンタに連行された。 5年の刑期は控訴審で3年に短縮された。 二人の姉妹は1960年8月18日に釈放された。
…おそらく私たちに最も近いのは死だが、その考えは私を怯ませない、私たちは正しいことのために戦い続けるだろう…
Maria Teresa Mirabal

“…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です