今月の表紙は、本誌の多くの読者にとって特に関心のあるものです。 白内障手術における老眼矯正は、私たちのサブスペシャリティにおいて最も議論されるトピックの一つとなっています。 眼鏡依存を軽減することを目的とした様々な眼内レンズソリューションが市場に導入されています。 眼科業界では、これらの老眼矯正眼内レンズの販売に大きな力を注いでいます。 屈折型、回折型、推定収容型、ハイブリッド型など、実にさまざまな種類の眼内レンズが、患者さんに十分な視力性能と眼鏡依存度の軽減を提供するために利用されています。 しかし、それぞれの眼内レンズの長所と短所は異なっています。 外科医は、視力データ、コントラスト感度、配光、瞳孔サイズ依存性、遠心力依存性、傾斜に対する感度、近焦点距離、異なる技術や焦点距離の組み合わせの可能性、視力障害、トーリック同時矯正の有無、患者のライフスタイルや要求などの複雑な要素を理解しなければならないからである。 これらの分野はすべて、それぞれの眼内レンズの品質評価と有用性において重要な役割を担っています。 ヨーロッパでは、払い戻しや自己負担の機会に関して、国によって法律が非常に異なっています。 屈折矯正を意識した白内障手術の診療形態に移行する中で、患者の情報収集、術前検査、チェアタイムの確保、追加費用の説明など、必要なロジスティックスを採用することが困難な外科医も少なくありません。 自院でも、伝統的(オールドファッション)な診療を、より顧客志向の屈折矯正白内障診療に変えている真っ最中です。

しかし、モノビジョンはこの議論のどこに当てはまるのでしょうか?

我々のカバーフォーカス記事では、モノビジョンはコンタクトレンズ矯正、レーザー屈折矯正手術、白内障手術で広く行われている戦略であると説明されています。 その序文で、Carlos Vergés, MD, PhDとLourdes Ruiz, MDは、なぜ今モノビジョンに関する議論を再開するのに良い時期なのかを説明しています。 Ronald R. Krueger, MD, MSE, Bruce J. W. Evans, BSc (Hons), PhD, FCOptom, DipCLP, DipOrth, FAAO, FBCLA, Graham D. Barrett, MD, FRACOは、それぞれの専門分野でいかにモノビジョンが使用されているかについて寄稿している。 例えば、Barrett博士は、1.25Dの適度な近視をターゲットに、メガネへの依存を減らすことを望む患者にとって、モノビジョンを好ましい選択肢として提唱しています。

いわゆる-0.50Dのミニモノビジョンは、屈折矯正手術と白内障手術の両方で広く使われており、時には老視緩和眼内レンズと組み合わせて、多くの患者さんに成功しています-ただし、その程度はしばしば限定されています。 近視度数2.00Dを目指す真のモノビジョンには限界があり、かなりの神経適応が必要とされます。 それでも、多くの外科医が白内障診療において何らかのモノビジョンを定期的に使用している。 Barrett博士は、すべての症例で第二眼にmodified modest monovisionを提供するという彼の体系的なアプローチについて述べている。 これは、すべての白内障手術医が真剣に注目すべき、興味深い戦略である。 多焦点眼内レンズと組み合わせて、このような戦略をどのように取り入れることができるのでしょうか? 患者さんが特定のソリューションのメリットとデメリットを完全に理解することは困難です。 また、外科医が利用可能なすべての選択肢の長所と短所を説明するのは時間のかかることです。 患者さんは、ご自身の状況に合った最良の選択について、医師の専門知識と判断に頼ることが多いのです。 この複雑な議論を妨げているのは、IOLの価格設定やチェアタイムといった金銭的な側面と、国によって異なる診療報酬制度である。

CRST Europeは、IOL技術や診療開発に関する情報を継続的に提供し、現代の白内障手術においてますます重要となっています。 もし、アイデアや投稿があれば、編集者に手紙を送ってください。 私たちはすべてのフィードバックを感謝します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です