そこで質問ですが、ではどうしたらいいのでしょうか? ヘッドホンを少しでも安全に使うために、研究者はいくつかの対策を提示しています:

  • 音量をあまり大きくしない。 85dBは、世界保健機関が提唱する、ヘッドホンで聞くべき最大の音量です(文脈上、一般的な会話の音量は約60dBです)。 残念ながら、ほとんどのモバイル機器は出力をデシベルで評価しません。 ヘッドホンの最大出力を調べるか、音量を半分以下に抑えましょう。
  • 休憩をとる。
  • 休憩を取る: 本当に好きな音楽を楽しんでいるとき、それを盛り上げないのは難しいことです。 それは理解できます。 しかし、耳には回復するための時間が必要です。 そこで、たまにはヘッドホンを外して5分ほど休憩することを考えましょう。 毎日、小さな音量で耳を休ませるという作戦です。 ヘッドホンの使用時間を減らし、音量レベルを確認することで、間違いなく怪我を減らすことができます。
  • 年齢制限。
  • 年齢制限: 最近では、若い子もヘッドホンをするようになってきました。 それを少し減らして、低年齢の子供のヘッドホン使用時間を制限した方がスマートかもしれません。 被害を食い止めることができれば、難聴が定着するまでの時間が長くなります。
  • 音量警告に注意する。 携帯電話で音楽を聴くことが多いと思いますが、ほとんどの携帯電話には、音量を上げすぎると警告が表示されるようになっています。

健康を気遣うなら、ヘッドホンの使用を最小限にすることを考えるべきでしょう。

聴覚を気にする必要はないですよね? しかし、精神的な健康も含め、他のいくつかの健康面は、聴覚の問題によって影響を受ける可能性があります。 難聴を放置すると、認知症やうつ病などのリスクが高まることが分かっています

つまり、あなたの健康全般は、耳の健康と永遠につながっているのです。 つまり、音楽でもポッドキャストでも、ヘッドホンは健康を害する可能性があるということです。

Call Today to Set Up an Appointment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です