In Defenseでは、悪評高いカバーアーティストやアルバムをもう一度見て、「本当にこれほどひどいものだったのか」と問いかけます。”

象徴的なキーボードのイントロ、ハイハットの音、そしてブルース・スプリングスティーンの不朽の言葉、「Blinded by the Light」です。 マンフレッド・マンのアース・バンドのリード・シンガーであるクリス・トンプソンが、スプリングスティーンの 1973 年のデビュー・アルバム『Greetings From Asbury Park, N.J.』の 1 曲目をカバーしているのです。 私は、この曲が却下されたことにもっと驚きました。 何しろ、スプリングスティーンが作曲した曲の中で、ビルボードで1位を獲得した唯一の曲なのですから。 (編集部注:私も信じられなかったが、事実だ。5位が3曲、2位が2曲、他に1位はない。) 歴代ワーストカバーのコンピレーションにも、この曲のことはまったく書かれていない。

Manfred Mannは、南アフリカのロッカー、Manfred Sepse Lubowitzのステージネームです。 アースバンドは、実は彼の名を冠した3番目のグループでした。 初代はマンフレッド・マンと名乗り、カバー曲をヒットさせた。 1964年の “Do Wah Diddy Diddy “と1968年の “The Mighty Quinn “である。 このグループは解散したが、その後マン自身が60年代後半にマンフレッド・マン・チャプター・スリー、70年代前半にマンフレッド・マンズ・アース・バンドを結成している。 もし、このグループが「Blinded by the Light」をカバーしていなかったら、おそらく多くのロック・ファンは「Blinded by the Light」を耳にすることも、考えることもなかったことだろう。 インターネットが普及する前の時代には、オリジナルがあることを知る由もなかったため、アース・バンドのバージョンがカバーであることを多くの人が知らなかった。

スプリングスティーンがこの曲を最初にリリースしたのは、1973年のアルバム『Greetings From Asbury Park, N.J.』だった。 ゴールド(50万枚)には5年、プラチナ(100万枚)には18年かかった。 2つ目のマイルストーンは、1988年にアメリカで初めてCD化され、多くのレコード所有者が単に買い直したという事実が原因だろう。 このアルバムを持っていない限り、オリジナルの「Blinded by the Light」を聴く機会はほとんどないだろう。ラジオではほとんど放送されず、コロンビア・レコードは2003年までこの曲をコンピレーションやライブ・アルバムに収録しなかったからだ。

この曲が存在する唯一の理由は、スプリングスティーンがアルバムを完成させた後、コロンビア社長のクライヴ・デイヴィスがヒット・シングルがないと言って拒否したからである。 そこでスプリングスティーンは、”Blinded by the Light” と “Spirit in the Night” の両方を書きました。 デイビスの指示は、アルバムの売り上げにはつながらなかったが、スプリングスティーンのキャリアにとって重要なものであったと、歴史の高みから見ることができる。 スピリット・イン・ザ・ナイト」はその後、スプリンストリーンのライブ・セットの定番となったが、「ブラインド・バイ・ザ・ライト」はシングルとしてリリースされると大失敗を喫した。 ローリング・ストーン誌によると、「当時はほとんど売れなかったので、オリジナルの 45 盤の在庫は、彼の広範なディスコグラフィーの中で最も希少で求められているものの一つとなっている」

商業的成功がなかったからといって、この曲の質が低下したわけではない–ただ、ラジオ向けのアレンジではなかったのである。 スプリングスティーンのオリジナルは、ボブ・ディランの意識の流れの中のとりとめのない話と、異次元から来た初期のロックンロールの歌のハイブリッドのようなものである。 スプリングスティーンは韻文辞典を片手に歌詞を書いたことで有名で、言葉の連想の練習のように読めるのはそのためだ。 この曲の特徴は、たくさんのフレーズが気の遠くなるような韻を踏んで連なっていることだ。 「そして今、ザンジバルでは流れ星がサイドカーに乗って月の歌を口ずさんでいた/そうだ、アバターはバーを吹けと言っていたが、まずクッキーの瓶を取り出そう、あの子たちに早とちりを教えてやるんだ」。 VH1 の「Storytellers」のエピソードで観客にこの言葉を説明しながら、スプリングスティーンは「全体を考えすぎないように」と注意を促した。

マンフリード・マンのカバーはまったく異なる軌道をたどった。 ワーナー・ブラザーズが1976年にリリースしたアルバム『The Roaring Silence』のオープニング・トラックとしてリリースされた。 バンドはこの曲を7分に及ぶプログレ風味の大作に仕上げ、複数の楽章とセクション、そしてトンプソンの高らかなヴォーカルをフィーチャーしている。 3分のシングル盤もあるが、2分近いギターソロや有名なピアノの練習曲「Chopsticks」など、アルバム盤のほうがはるかに優れている。 この曲について論争が残っているとすれば、トンプソンが「デュース」という言葉を歌ったとき、それが「ダウト」によく似ていたからだろう。 これは、インターネットが普及する前の時代、歌詞をググって何を言っているのか調べることができなかったからだと思う。 だから、この曲は「Scuse me while I kiss this guy」や「No thought orgasm in the classroom」と並んで、ロックの偉大なモンドグリーンとして位置づけられるようになったのである。 スプリングスティーンもマンも、この歌詞の誤解がカバーの人気に拍車をかけたのだろうと認めている。 スプリングスティーンもマンも、歌詞の誤解がカバーの人気に拍車をかけたと認めている。「そのせいで、この曲は1位に急浮上したような気がする」と、スプリングスティーンは『Storytellers』で語っている

しかし、「学術論争が過熱する理由は、何も危機がない」という古い言葉がここで真実味を帯びてきている。 だから、「Blinded by the Light」は最高のスプリングスティーン・カバーではないかもしれないが、最も重要なもののひとつであることは間違いなく、私の考えでは、Cover Meのスプリングスティーン・カバーのトップリストに入るべきものであったと思う。

Cover Meは現在Patreonに登録されています! カバーソングがお好きな方は、ぜひ月々のわずかな金額で私たちをサポートしていただけたらと思います。 プレイリスト、ニュースレター、ダウンロード、ディスカッション、投票など、パトロンだけの特典が盛りだくさん!どんな曲をカバーしたいか教えてください。 詳しくはPatreonをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です