Menopause誌2014年10月号に掲載された分析について、研究者は1日1回投与のブリスデル7.のインパクトを評価しました。5mgカプセルの体重および性機能に対する影響について、中等度から重度の血管運動症状(VMS)を経験した40歳以上の閉経後女性において検討しました。

24週間の投与後、いずれの試験のパロキセチン群でも体重や性機能には、臨床的に意味のある変化やベースラインからの統計的有意差が見られませんでした。

限界については、本試験はVMSの性機能障害を評価するために特別にデザインされたものではなく、治療期間および追跡期間が比較的短かったことを指摘している。

ブリスデルは2013年6月に閉経に伴う軽度から重度のVMSの治療薬としてFDAから承認を受けたものの、低用量のSSRIはいかなる精神疾患用途にも研究または承認されていない。 ただし、パロキセンチン20mg(パキシル)は、大うつ病、強迫性障害、パニック障害、社会不安障害、全般性不安障害、月経前不快気分障害、外傷後ストレス障害に適応があります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です