Section(s):
TENN.Tennessee. コーデ・アン § 36-6-302TENN. コーデック § 36-6-303 テネシー州 コーデ ィー・アン テニアン州§36-6-306 CODE ANN. § 36-6-307

36-6-302. 子供の連れ去り、または家庭や施設への配置に伴う祖父母の面会権。
(a) (1)(A)子供が両親、保護者または法的監護者の監護下から排除された場合、および
(B)子供が認可養護施設、認可保育機関によって運営される施設、または裁判所によって指定または運営される他の家庭または施設に配置された場合、その配置が裁判所の命令、任意配置合意、親権放棄、その他によるものかどうかに関係なく、その配置は行われる。
(2) 次に、当該児童の祖父母は、以下を認定した上で、管轄裁判所により、当該児童の少数年の間、当該児童に対する合理的な面会権を付与されることができる。
(A) そのような面会権は未成年の子供の最善の利益になる;
(B) 祖父母は、加害者または他の家族によるさらなる虐待または脅迫から子供を適切に保護する;
(C) 祖父母は、当該子供または自分の子供に対する、1989年11月1日より前に施行されていた法律の下で以下の犯罪を構成するであろういかなる申し立てられた行為の遂行に関与していない;(D) その子供に対する犯罪を構成するであろういかなる行為の遂行に関係していない;
(E) その子供を含むすべての家族に対する犯罪に関係していない。
(i) §39-2-603の加重レイプ ;
(ii) §39-2-604のレイプ ;
(iii) §39-2-606の加重性的暴行 ;
(iv) §39-2-607の性的暴行;
(v) §39-2-608の強姦又は性暴行未遂 ;
(vi) §39-2-612の自然に対する罪 ;
(vii) §39-4-306の相姦 ;
(viii) §39-4-307の妻の姉に子を生むこと ;
(viii) §39-4-306の相姦
(ix) §39-6-1137に基づく未成年者のわいせつ目的での使用 ; or
(x) §39-6-1138に基づく未成年者による性的行為を含むパフォーマンスの促進 ; and
(D) 祖父母がその子または自分の子に対する、1989年11月1日以降に有効な法律の下で犯罪を構成するであろういかなる申し立てられた行為の遂行にも関与していないこと。
(i) §39-13-502に基づく加重レイプ;
(ii) §39-13-503に基づくレイプ;
(iii) §39-13-504に基づく加重性的暴行.
(iv) §39-13-505の規定による性的暴行;
(v) §39-12-101に規定する(a)(2)(D)(i)~(a)(2)(D)(iv)のいずれかの犯罪の犯罪的企て。
(vi) §39-15-302の近親相姦;
(vii) §39-17-1003の未成年者の性的搾取;
(viii) §39-17-1004の未成年者の加重性的搾取;または
(ix) §39-17-1005の未成年者の特に加重された性的搾取。
(b) この節は、子が継親または子のその他の親族以外の者の養子となった場合には適用されない。
36-6-303. 継親の面会権
(a) 婚姻無効、離婚または別居のための訴訟において、当事者の一方が相手方との間に生まれた未成年の子の継親である場合、その継親は、管轄裁判所が、その面会権が未成年の子の最善の利益になると認め、その継親が実際にその子を養いまたはその子のために貢献していると認めるときは、子の未成年の間の妥当な面会権を認めることができる。
(b) そのような命令は裁判所の管理下にあり、事件の緊急事態が要求する変更または修正の対象となる。
36-6-306. 嫡出でない子に対する祖父母の面会権
(a)次の状況のいずれかが、回路裁判所、大法院、家事管轄の一般会議裁判所、または請願された子が現在居住する郡の嫡出でない子に関する問題の少年裁判所への祖父母訪問の請願で示された場合、当該祖父母訪問が親権者または両親もしくは監護者によって反対されているか、親権者または両親もしくは監護者によって著しく減少されていれば、審理が必要とされる。
(1) 未婚の未成年の子供の父親または母親が死亡している場合、
(2) 子供の父親または母親が離婚している、法的に別居している、または結婚していなかった場合、
(3) 子供の父親または母親が6ヶ月以上行方不明である場合、
(4) 他の州の裁判所から、祖父母訪問を命じられた場合、です。
(5) 子供は12ヶ月以上祖父母の家に住んでいて、その後親、両親、または親権者によって家から追い出された(この祖父母と孫の関係は、面会拒否が子供に取り返しのつかない損害をもたらすかもしれないという反証可能な推定を確立する)。 または
(6) 子供と祖父母は、関係が断絶または著しく低下する直前の12ヶ月以上の期間、重要な既存の関係を維持しており、この関係は、虐待または子供への実質的な危害の危険が存在する以外の理由で、親、両親または親権者によって断絶または著しく低下し、この関係の断絶または著しい低下が子供に重大な精神的損害を与えるおそれがあること。
(b) (1)祖父母の面会交流の申立てを考慮する場合、裁判所は、まず、子に対する実質的な危害の危険の有無を判断しなければならない。 そのような実質的危害の認定は、適切な証拠により裁判所が以下のように判断した場合、未婚の未成年の子とその子の祖父母との関係の停止または著しい縮小に基づくことができる。
(A) 子供は祖父母との間に重要な既存の関係があり、その関係の喪失または深刻な減少は子供に深刻な精神的損害を与える可能性がある。
(B) 祖父母は、関係の停止または深刻な減少が子供の日常のニーズの提供を妨げ、したがって身体または精神的損害を与えることができる主要介護者として機能した。 または
(C) 児童が祖父母と既存の重要な関係を持ち、その関係の喪失または深刻な減少が、児童に他の直接的かつ実質的な危害を与える危険性がある場合。
(2) 本節において、以下の場合、祖父母は孫と既存の重要な関係を有するとみなされるものとする。
(A) 子供は少なくとも連続6ヶ月間、祖父母と同居していた、
(B) 祖父母は連続6ヶ月間以上、子供の常勤世話人だった、または
(C) 祖父母は1年以上、訴訟の対象である子供と頻繁に訪問することがあった。
(3) 祖父母は、孫との既存の重要な関係、またはその関係の喪失もしくは著しい減少が子に深刻な精神的損害を与える可能性があることを立証するために、鑑定人の証言または宣誓供述書を提出する必要はない。 その代わり、裁判所は、特定の事例の事実が、合理的な人に、祖父母と孫の間に既存の重要な関係があること、またはその関係の喪失や深刻な減少が子供に深刻な精神的損害を与える可能性があると思わせるかどうかを考慮するものとする。
(4) 本節の目的上、子の親が死亡し、面会交流を求める祖父母がその死亡した親の親である場合、子と祖父母との関係の停止または著しい減少に基づき、子に著しい危害があることを反証できる推定とする。
(c) 最初に子に対する著しい危害の危険を認めたとき、裁判所は次に36条6項307号の要素に基づき、祖父母面会が子の最善の利益になるかどうか決定しなければならない。 (1) §36-1-121にかかわらず、親族または継親が子を養子縁組する場合、本項を適用する。
(2) 親族または継親以外の者が子を養子縁組する場合、その子の縁組前に本項に従って与えられた面会権は、その縁組により自動的に終了するものとする。
(e) 他の法律にかかわらず、この部で使用される場合、請願された子に関して、「祖父母」という語は、
(1) 実質の祖父母、
(2) 実質の祖父母の配偶者、
(3) 養親の親、または
(4) 実質もしくは養親のひいおじいさんとその配偶者が含まれるが、これに限定はされない。
(f) 本節において、「著しく減少した」または「著しく減少した」とは、§36-1-102に定義されるように、接触なしまたは形だけの訪問への減少を意味する。
36-6-307. 祖父母の面会交流に関する子の最善の利益の決定
第36-6-306条に基づく子の最善の利益の決定において、裁判所は、以下を含むが必ずしもこれに限定されないすべての関連事項を考慮するものとする。
(1) 子供と祖父母の従前の関係の長さと質、および祖父母が果たした役割
(2) 子供と祖父母の既存の感情的関係
(3) 子供が希望を表明できるほど成熟していると判断される場合の子供の希望
(4) 子供が祖父母と面会できるようになった場合の子供の希望。
(4) 祖父母と子の親との間の敵意の影響、および虐待の場合を除き、子と子の親または保護者との親密な関係を奨励する祖父母の意思
(5) 祖父母の申立てにおける誠実さ。
(6) 両親が離婚または別居している場合、子供に関して両親の間に存在する時間共有の取り決め
(7) 両親の一方が死亡または行方不明の場合、面会交流を求める祖父母が死亡または行方不明の者の両親であること。
(8) 未成年の子の祖父母との面会を90日を超える期間拒否するなど、子の父母または保護者による祖父母の子との面会の機会の不当な剥奪がある場合。
(9) 祖父母が子供との重要な既存の関係を維持しようとしているかどうか、
(10) 祖父母の訪問を認めることが親子関係を妨げるかどうか、
(11) 子供の親または保護者が不適任であると裁判所が判断した場合。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です