A. 他州の裁判所により発行された子の監護権の決定は、強制執行の同時請求の有無にかかわらず、この連邦の適切な少年・家事関係地方裁判所に送付することにより、この連邦において登録することができる。 登録を要求する手紙または他の文書、

2. 登録を求める決定のコピー2部(認証コピー1部を含む)、および登録を求める者の知識と信念の及ぶ限りにおいて命令が変更されていないことを偽証の罰則の下に陳述書、および

3. 第20-146.20条に定める場合を除き、登録を求める者及び登録を求める子の監護に関する決定において監護権又は面会権を与えられた親又は親として行動する者の氏名及び住所

B. A項により要求される書類を受領した場合、登録裁判所は:

1.

1. 決定を、その形式にかかわらず、添付書類および情報のコピー1部とともに、外国判決として提出させる。

2. 小区分A 3に従って指名された者に通知を送達し、本節に従って登録に異議を申し立てる機会を提供する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です