“What are meridians of the body? そして、経絡は実在するのでしょうか?”これは、TCM(中国伝統医学)の初心者がよく尋ねる質問です。 西洋医学的には、証明できないことは無視されます。 ここでは、中医学と現代科学の両方がエネルギーチャンネルをどのように検証しているのかを紹介します。

私たちの体全体にエネルギーを運ぶ経路のネットワークがあるというのは、本当にあり得るのでしょうか? この微細なパイプラインが、本当に私たちの肉体的、感情的、精神的な幸福を担っているのでしょうか? そして、これらの経路と一致するツボを針で刺激するだけでなく、ハーブを使って本当に体のアンバランスを修正することができるのでしょうか?

古代の文化は、これらの経路を信じ、実際に、体内のこれらのエネルギーパイプラインを流れるエネルギーの量を調整することで、不均衡を修正しました。 アーユルヴェーダ医学を確立した古代のヨギは、これらのエネルギー経路を「ナディ」と呼びました。 そして、日本、チベット、中国の伝統的な医師は、それらを「チャンネル」または「血管」と呼びました。 また、中国伝統医学(TCM)の医師は、現在一般的になっている「経絡」と訳されるような呼び方をしていました。 独自の治療哲学を発展させたすべての古代社会で、「経絡」と同義語のようなものがあったと思われる。

経絡とは

身体の経絡の基本的な中医学の定義は、「エネルギーの通り道」のネットワークであることです。 鍼灸師の治療室などで、経穴の解剖図を見たことがある方も多いと思います。 この図を見てみると、この経絡は皮膚のすぐ下に現れる表層的なものであるように見えます。 経絡は皮膚の表面よりもずっと深いところにあるのですが、それはまた後で説明します。

経絡は、体の表面と内臓をつないでいると考えられています。 この経絡を気(エネルギー)がゴルディロックスゾーン(少なすぎず多すぎず)に流れることができれば、病気は回避できるのです。

体内のすべての臓器と主要部位が機能するためには、エネルギーが必要です。 エネルギーは食べ物から食べた栄養分と、自由に流れる血液から得られます。 経絡は6組(大経合計12本)あり、それぞれが対応する陰陽の臓器に影響を及ぼします。

科学は身体の経絡を証明できるのか?

ベンジャミン・フランクリンが電気で実験するずっと前に(彼の凧揚げ実験は現実というより神話でしょう;彼はおそらく感電死したでしょう)、古代中国の医師は人体が荷電粒子を含んでいると知っていました。 2,000年前でも、漢方医は体内の血管が電荷を蓄え、電気を供給できることを知っていたと思われる。 しかし、グルコース(血糖)が分解されてエネルギー源となるATP(アデノシン三リン酸)には馴染みがなかったかもしれない。 しかし、神経、毛細血管、血管、動脈、静脈の生理的な働きは十分に知っていたようだ。

獣医学博士のNarda Robinson氏がVeterinary Practice Newsで指摘しているように、古代中国の鍼灸師は、現代の研究者が神経やニューロンの機能を生み出すために使うものを、経絡を使って活性化していたのです。

ロビンソンは、「これらの神経センターは、入ってくる信号を処理し、内因性調節を調整することで、他の効果の中でも、循環と器官機能の改善、鎮痛、筋肉の弛緩、免疫機能の正常化をもたらします」と述べています。

何世紀も前の鍼灸師と同じように、現代の医療鍼灸師は神経のつながりを研究し、「望ましい神経調節の結果に従って部位を選択する」とロビンソンは言い、「医学研究者と生理学者は、末梢および中枢神経系が経絡を定義するのに最も合理的な基礎を構成するという点で現在意見が一致しています」と付け加えました。「

身体の経絡はどのように研究されているか

Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomenaに掲載された中国の研究では、経穴には微小血管がより多く密集していると結論づけています。 さらに、不死化した微小血管構造を大量に含んでいる。 1601>

この研究では、研究者は特定の鍼ポイントを観察しています。 これらのツボは、太い血管の周りに2本の枝が存在する微小血管の密度を示している。 これらのツボには、より大きな血管が有意に大きい微細構造が含まれています。 また、研究者は、経絡(鍼灸)ポイントは、血管の高い密度を有することを決定した。

現代の研究は、鍼灸経絡が内臓であることを重要な証拠として提供している。 実際、この研究では、MRI(磁気共鳴画像)、赤外線画像、液晶熱写真、超音波、その他のCT画像法などのいくつかの技術を採用しています。 Bioelectromagnetics』に掲載されたこの研究のように、他の研究は経絡を「電気信号の特別な導管」と定義しています。

古代人がずっと知っていたことを、現代科学が最近確認したということでしょうか。 “放射光を利用したツボのX線位相差CTイメージング”. Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomena (2013).

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です